Loading

アロマで風邪&インフルエンザ予防!おすすめの精油と使い方

風邪やインフルエンザが気になる時期は、アロマで予防! 抗菌作用・抗ウィルス作用などがあるおすすめの精油(エッセンシャルオイル)と、専用の道具がなくても簡単にできる使い方をご紹介します。

1.アロマで使用する精油とは

精油とは、植物の花や葉などから抽出した天然の芳香成分のこと。アロマでは、植物が持つ自然本来の作用を活用して、風邪やインフルエンザの予防に役立てることができるんです。

精油はショッピングモールや百貨店などに入っている「生活の木」や、「ニールズヤード」といったアロマテラピーの専門店で購入できます。精油は1回の使用量がとても少ないですし、開封後は1年以内(柑橘系の精油は半年以内)に使い切らないといけないので、慣れない内は一番小さなサイズ(3ml程度)を購入するようにしましょう。

また、お気に入りの香りを1種類だけ使ってもいいですが、使用量の範囲内であれば、ブレンドして使うこともできます!

2.風邪&インフルエンザ予防におすすめの精油

ティートリー

オーストラリアの先住民族が、お茶として飲んでいた植物の一種だったことからTea Tree(お茶の木)と呼ばれるようになったと言われています。爽やかでスーッとした香りの精油。抗感染作用、抗ウイルス作用、免疫促進作用に優れています。

ユーカリ

コアラのエサのイメージが強いユーカリですが、実はたくさんの種類があり、精油が採れるのはほんの数種類。清涼感のあるスーッとした香りが特徴の精油です。抗ウイルス作用のほか、抗菌作用、抗感染作用が期待できます。

ラベンダー

紫色の花穂をつけるラベンダーは、日本では北海道の富良野が有名ですね。リラックス感のある優しい香りがする精油で癒されます。鎮静作用に優れています。

スイートオレンジ

ミカンらしいフレッシュな柑橘系の香りがする精油で、嗅ぐと元気がもらえます! リフレッシュ作用、リラックス作用が有名です。

ペパーミント

爽やかな香りでおなじみ。呼吸器系のトラブルや鼻づまりにおすすめです。抗菌作用や頭痛の緩和が期待できます。

3.風邪&インフルエンザ予防に!簡単な使い方

コットンに垂らして

精油を1〜2滴垂らしたコットンを、机や枕元に置きます。専用のディフューザーがなくても気軽に香りを楽しめる方法です。

 

鼻詰まりに

使わなくなったマグカップや洗面器に熱湯を半分ほど張り、精油を1〜3滴垂らしたら、目を閉じて蒸気をゆっくり鼻や口から吸い込みます。鼻のとおりが良くなりますよ!

 

マスクに

マスクを着用するときにおすすめの方法です。精油を1〜2滴垂らしたコットンが、マスクの外側(唇に当たらない面)に触れるようにして、ジップロックなどの密閉できる袋に入れておき、香りを移します。風邪・インフルエンザの予防としても、気分転換としてもおすすめです。

簡単!おうちでできる!おすすめアロマハンドケア

牛革の部位の特徴と名称

関連記事

  1. 【30代女性】おうちファッションのポイント・おすすめ通販サイト

    2020.08.28
  2. 【今がチャンス】断捨離のメリット5つ!無駄なものを捨ててスッキリ

    2020.06.23
  3. バレンタインディー本命チョコの予算とチョコ以外のプレゼント

    2020.02.01
  4. はじめの一歩

    2019.06.09
  5. 簡単!おうちでできる!おすすめアロマハンドケア

    2019.10.31
PAGE TOP
single
0

カート