Loading

オリジナルブランド『calme』始動開始!

『縁』とは不思議な出来事で、クロコダイルを中心とした商品を取り扱いたいと強く感じ始めた頃から、自分なりのアクションは起こしていたものの、遠く離れた「タイ王国」で出会いがあるとは夢にも思いませんでした。

2019年夏、買付の為にタイへ。それまでは漠然と「自分で考えたデザインが商品になればいいな」と思っていました。

私の知り合いにスピリチュアル的な力を持つ彼女が「思考は大切よ。強く願っていれば、自分自身が自然にそのような行動をとるので、願っていることに近い環境をつくることができるのよ」と話してくれました。

『calme』オリジナルブランドの制作に強力な人材である彼女は遠く離れた異国の地タイでクロコダイルと真剣に向き合っている女性との奇遇とも言える出会いがありました。彼女が経営するうクロコダイルの養殖業者は、養殖業連盟の加盟業者である養殖業者です。ほとんどの業者は、クロコダイルが大きくなると個別に飼育し争いで傷がつかないように管理されています。彼女をはじめクロコダイルの養殖に関わる人々は、自然な環境でストレスなく管理され、家族同様の生活をしているのです。しかし問題は企業がクロコダイルで大きな利益を得て、愛情を持って育てた養殖業者に還元されてない現状があります。

ワシントン条約に則ってクロコダイルの養殖には政府の許可や指導等で多くの労力を必要とします。彼女たちは、現地へ赴き現地の人と話し合い、両者の合意が得られる金額を調整する事で、近年は大企業から離れ、個人で取引先を見つけるような取組をしています。

ワシントン条約とワニの輸入

クロコダイルを語る上で欠かせないのが「ワシントン条約」です。地球上の貴重な野生動物を保護し絶滅から守ろうという国際条約で181の国や地域によって1973年に締結されました。日本は1980年に野生保護条約加盟国になっています。当社で制作を依頼しているシャムワニは3種類あるうちの規制1に属しており、養殖された種で登録された養殖場で育てられた動物以外に関しては取引不可です。その為、許可されない種であることを証明する証明書であるサイテス添付が輸出入は義務付けられています。当社では、輸入するすべての貨物は国際条約に基づき輸入しています。すべての製品には輸出国からの証明証と輸入国からの輸入許可経済産業省認定証が必要です。日本国では、経済産業省より輸入許可の添付が義務付けされています。正規のルートで輸入する事は国際社会のルールとして動物保護の観点からしてもとても重要なことなのです。

これから、皆様へ最高のクロコダイルを使用した商品をお届け致します。

すべての商品は、日本人がタイの革職人を教育・指導・検品に至るまで監修してします。

画像は、サンプル品の制作風景です。

ひとつひとつ丁寧にサンプルを作り上げています。

是非、クオリティの高さを堪能してください

 

ママにおすすめ!身軽でおしゃれなお財布ポシェットが便利

新年、明けましておめでとうございます!

関連記事

  1. 足踏み状態…

    2020.04.14
  2. ラム・シープスキン

    2019.06.09
  3. 長く使うための革のバッグのお手入れと、正しい収納

    2019.07.05
  4. カーフレザー

    2019.06.09
  5. 切って貼るだけ!簡単なタッセルの作り方

    2019.12.19
  6. 「なめし」とは?植物なめしとクロムなめし

    2019.08.06
PAGE TOP
single
0

カート