Loading

切って貼るだけ!簡単なタッセルの作り方

革製品 

10分ほどで完成する簡単な革のタッセルの作り方をご紹介します。材料を用意したら、切ってはるだけ。ハンドメイド初心者の方にも気軽に作っていただけます。

基本の作り方さえ覚えれば、応用することでバッグチャーム(キーホルダー)や、ストラップ、ピアスを作ることもできますよ!

革タッセルの作り方〜必要な材料と道具〜

レザークラフト用の革のハギレさえ購入すれば、あとはお家にあるもので簡単に作れます。

材料

・本革のハギレ

・(お好みで)飾り用の金具

道具

・定規

・カッター

・木工用ボンド

・爪楊枝(または刷毛、ヘラ)

本革のハギレ

フリンジ用に縦3〜5cm×横4〜7cm程度の長方形と、タッセルのひも、飾り用の金具を使用しない場合はベルトが切り出せる大きさがあれば十分です。フリンジ用の長方形は、革の厚みにあわせて自由な大きさで作ってくださいね。

本革のハギレは、ネットショップで購入することができます。お店で買う場合は、東急ハンズやユザワヤのレザークラフトコーナーを覗いてみてください。なるべく裏面がキレイなものを選んでくださいね。

飾り用の金具

ループエンドやカシメなどをお好みで用意してください。金具を使うことで、手作りとは思えない本格的な仕上がりになります。金具がない場合は、革のベルトを作って巻きつけます。こちらも統一感があって素敵です。

定規

透明なプラスチック製がおすすめです。タッセルの切り込みを入れる際、残りの革の長さを確認しながら作業できます。透明なプラスチック製定規がなければ、お家にあるものをご使用ください。

革タッセルの作り方〜フリンジを作ろう!〜

まずは本体であるフリンジから作ります。切り込みを入れるだけなので簡単

①革のハギレからフリンジ用の長方形(A)と、フリンジのひも(B)、金具を使用しない場合はベルト(C)を切り出します。

②(A)に定規を当て、カッターでフリンジの切れ目を等間隔に入れます。

③木工用ボンドで接着する前に、一度巻いてバランスをチェックします。

革には繊維があるため、タッセルが巻きやすい方向にあわせて、(A)をカットしてください。繊維と逆方向だと、巻きにくくなります。

(C)は、少し長めに切り出しておくと、あとで調整するときに楽です。

また、フリンジの幅は等間隔にすることで、見た目がすっきりとして美しく仕上がります。フリンジの幅は、タッセルの大きさや革の厚みにより異なりますが、今回のようなミニサイズのものであれば2mm幅くらいが作りやすいです。お好みで調整してくださいね!

フリンジが完成したら、いきなり木工用ボンドで接着せずに、一度巻いて、できあがり具合をチェックしてみましょう。飾り用の金具に対してタッセルの周囲が太すぎる場合は、余分なフリンジを切り落として太さを調整します。

(C)を使用する場合は、あらかじめ長めに切り出しているので、タッセルの太さにあわせて(C)を短くカットすれば簡単に調整できます。

革タッセルの作り方〜完成!〜

 

④フリンジの左上に(B)を輪っか状にして貼ります。

⑤フリンジの上部(切り込みがない部分)に木工用ボンドを塗り、左端から巻いていきます。

⑥お好みで金具や(C)をつければ完成です!

(B)を輪っか状にすることでタッセルの芯になります。こういうったタッセルのことを、「シングルタッセル」と言います。必ずタッセルの中心に輪っかがくるように、巻き始めには注意してくださいね。

なお、(B)の両端にタッセルがついているタイプは、「ダブルタッセル」と言います。ダブルタッセルを作る場合は、(B)を輪っか状にしないでそのまま貼り、1つ目のタッセルを巻き終えてから、ひもの反対側にもう1つのタッセルを巻いてください。

このままでもタッセルとして十分に使えますが、飾り用の金具や(C)をタッセルの根元にプラスすることで、よりおしゃれに仕上がります。

金具は中に輪っかを通して、タッセルの根元にグッと押し込むだけ。もしも金具の形がアルファベットの「C」の形をしている場合は、金具に木工用ボンドを少量塗ってタッセルにつけたら、最後に金具に力を加えて「O」の形にします。金具の大きさとタッセルの太さをできるだけ一緒にすることで、ぴったりとした仕上がりになり、金具が取れにくくなります。

また、金具の代わりに(C)を使用する場合は、木工用ボンドを塗って、タッセルの上部にくるりと巻きつけるだけで完成です。剥がれないように、しばらく指などでおさえて固定してくださいね。

カシメ金具を使う場合

フリンジを巻かずに、(B)を挟んだ状態で3つ折りに平たく折ったあと、フリンジの上部をカシメ金具で留めるだけ。軽くてかさばらず、スタイリッシュな印象に仕上がります!


まとめ

革というと茶色のイメージがあるかもしれませんが、赤、紫、オレンジ、ピンク、マリンブルー、イエローなどポップでカラフルなお色もそろっています。また、シンプルなデザインが好きな方には、ブラック、グレー、ホワイトがおすすめですし、華やかなゴールドやシルバーもあります。

 

手作りのタッセルなら、革の色や金具のデザイン、フリンジの幅、タッセルの大きさなどが自分好みに作れます。完成したらバッグやポーチにつけて楽しんでくださいね!

https://calme.biz/wp-admin/post.php?post=1118&action=edit

牛革の部位の特徴と名称

ママにおすすめ!身軽でおしゃれなお財布ポシェットが便利

関連記事

  1. おうちでできる!シルバーアクセサリーのお手入れ方法

    2019.08.20
  2. 「いよいよ!制作開始!」

    2020.03.11
  3. 知っておきたい!梅雨時期の革製品のお手入れ方法

    2019.06.27
  4. ゴートレザー

    2019.06.09
  5. いざ!買付へ(タイ編その②)

    2019.08.29
  6. 牛革の部位の特徴と名称

    2019.12.10
PAGE TOP
single
0

カート