Loading

バレンタインディー本命チョコの予算とチョコ以外のプレゼント

2月14日はバレンタインデー! 本来は「St Valentines Day(聖バレンタインの日)」というお祝いの日なのですが、日本では女性から男性にチョコレートを贈って告白する日というイメージが強いですよね。そこで悩むのが本命チョコの予算と、彼氏や旦那さんに贈るチョコ以外のプレゼント選びです。

バレンタインデーの本当の意味や由来とあわせて、予算やプレゼントなど、知っておきたいバレンタイン情報をまとめました。

1.バレンタインデーの意味と由来

ローマで2月15日に行われていた安産と肥沃な地を願う「ルペルカリア祭」を、ローマ教皇ゲラシウス一世が、殉職したバレンタイン司祭の死を悼む日としてキリスト教のお祭りに転換させるために設けられたことがバレンタインデーの由来だと言われています。つまり、バレンタインの意味は、実在した司祭の名前(人名)だったんですね。

バレンタイン司祭が生きていた3世紀当時のローマでは、故郷に愛する人を残すと兵士の士気が下がるという理由から、兵士たちの結婚を禁止していました。その掟に反対して兵士たちを結婚させていたのがバレンタイン司祭です。

しかし、掟を破っていたことがバレてしまい、バレンタイン司祭は処刑されてしまいます。バレンタイン司祭が亡くなったのが2月14日であり、ゲラシウス一世はこの日を「St Valentines Day(聖バレンタインの日)」として定めました。

元々催されていた「ルペルカリア祭」の前夜祭が男女の出逢いの場となっていたことや、「ルペルカリア祭」が家族と結婚の女神ユーノに捧げられ、「ユーノの祝日」が3月1日にあったことも関連して、バレンタインデーはフランスなどヨーロッパ諸国に広まっていきました。

19世紀後半になると、イギリスでチョコレートを贈る文化が始まり、その後、バレンタインに贈り物をする習慣が欧米諸国に広まりました。

日本にバレンタインが伝わったのは1956年のこと。欧米諸国のバレンタイン文化を日本にも取り入れるため、大手百貨店の「バレンタインセール」の広告が新聞に掲載されたことがきっかけとなりました。当時の日本には女性が男性に贈り物をするというイベントがまだなかったため、女性を中心にバレンタインが急速に広まっていきました。ただ、チョコレート限定ではなく、化粧品や衣服などもプレゼントされていたようです。

チョコレートを贈ることがバレンタインの定番になったのは、1960~70年代頃と言われています。複数の相手に贈るプレゼントとしてチョコレートがお手頃であったことや、見た目がかわいかったこともあり、若者たちの間で義理チョコが流行したことが背景にあるようです。

現在では同性の友達同士でチョコを交換したり、自分へのご褒美として高級チョコを買ったり、チョコ以外のプレゼントを贈ったりするなど、日本でも幅広く楽しまれるイベントとして定着しました。

2.バレンタインデーに贈る本命チョコの予算

日本のバレンタインデーでは、本命に贈るチョコの予算は2,000円~3,000円が相場だと言われています。学生だと手作りする方が多いので、1,000円以内に収まるようですが、全体的なランキングで見ると2,001円~3,000円を予算にしている人が25.0%、1,000円~2,000円を予算にしている人が23.0%いて、全体の半数を占めています。

3,001円以上の予算をかけている女性の数は、予算が上がるにつれて減っていきますので、本命チョコと言えど、高ければいいというわけではないようですね。実際、男性側からも「高級チョコだとホワイトデーのお返しが大変」「重い」といった意見もあります。また、相手との仲が成立していない場合、手作りだと迷惑がられることもあるので、やはり相場どおり2,000円~3,000円の予算で市販のチョコを贈るのがいいようです。

3.彼氏や旦那さんに喜ばれるチョコ以外のプレゼント

チョコレートと一緒に、あるいはチョコが苦手な男性のために、バレンタインデーにチョコ以外のプレゼントを贈る女性も増えています。

チョコ以外の食べ物だと、クッキーなどの甘くないスイーツや、コーヒー、紅茶、シャンパン、ワインといった大人の男性にふさわしいドリンクが人気です。

また、ハンカチやネクタイのように彼氏や旦那さんが会社で使えるアイテムも喜ばれます。特にベルトやミニ財布、キーケース、名刺入れ、IDカードホルダーといった革小物は使えば使うほど愛着がわくと共に手に馴染むようになります。長く使える革小物は、バレンタインにぴったりのプレゼントと言えます。

その他には、消耗品だけど素材やデザインにこだわった高級感のあるメンズコスメも、普段男性が自分から買うことがないため、受け取ってもらいやすいようです。オーガニックの石鹸や、植物由来の化粧水&乳液、皮脂汚れを取り除くクレンザー、美容室のヘアケア技術を活かしたシャンプー&トリートメントなどはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

まとめ

 

チョコやプレゼントと一緒に、手書きのメッセージカードを贈るのもおすすめです。LINEやSNSでいつでもどこでもつながれる時代だからこそ、真心を込めた手書きの文字にキュンとくる男性も多いとか。

 

素敵なバレンタインをお過ごしください!

お正月太りを解消するアロマ&ハーブ

留め具なしで簡単な革紐ブレスレットの作り方【三つ編み・四つ編み】

関連記事

  1. いざ!買付へ(タイ編その②)

    2019.08.29
  2. ママにおすすめ!身軽でおしゃれなお財布ポシェットが便利

    2019.12.25
  3. 【今がチャンス】断捨離のメリット5つ!無駄なものを捨ててスッキリ

    2020.06.23
  4. 【初心者向けレザークラフト】革のピアスの作り方

    2020.04.27
  5. 切って貼るだけ!簡単なタッセルの作り方

    2019.12.19
  6. 銀粘土を使ったシルバーアクセサリー(指輪)の作り方

    2019.09.03
PAGE TOP
single
0

カート